お知らせ | 埼玉県ふじみ野市のクリーニング店 「宮沢ランドリー」 染み抜き、独自のドライクリーニング、集配・宅配サービスなど何でもお任せください!

宮沢ランドリー|お知らせ

お知らせ

布団のしみ抜き|2021.02.04


布団に何かをこぼしてしまって、そのまま使っていたようです。 部分的に漂白作業して綺麗に落とせました。



詳細はこちら

セーターに付いたしみ抜き|2021.02.03


ウールのセーターです。 袖口に血液が付いていたのを知らずにしまっていた様で、普通のタンパク質を落とすしみ抜きでは全然動かなかったので、タンパク質分解酵素を使って少しずつ落としていきました。



詳細はこちら

ジャケットしみ抜き|2021.02.01


シルクと綿素材のジャケットで前の目立つところのシミが出ていたそうです。 酸化が進んでいたので特殊なしみ抜きで落としました。



詳細はこちら

セーター袖口しみ抜き|2021.01.30


ウールのセーターの袖口シミが有り、落として欲しいとの事でした。 他店で落ちませんシールを貼られていたらしくホームページを見て来店してくださいました。 金属系(サビ)のしみで簡単に落として差し上げました。



詳細はこちら

セーターの袖しみ抜き|2021.01.29


ウールのセーターの袖に前処理してクリーニングしても全然変化の無いシミが有りました。

簡単に落とせると思いましたが、なかなか落とせず油を落とす方法をいくつか試しその中の一つに変化があったので変化の無くなるまで落とし、その後タンパク質と酸素系漂白を行いました!



詳細はこちら

ブラウスのしみ抜き|2021.01.26


 綿レーヨンの素材のブラウスです。 前の裾に大きくタンパク質のしみが有りました。 洗う前に気が付いたので洗って熱が加わると落としづらくなるので先にタンパク質分解酵素を使って落としました。



詳細はこちら

セーターのしみ抜き|2021.01.25


セーターの袖口に古いシミが出ていたそうです。 

気が付かないまましまっていて酸化が進んで洗いでは取れない状態でした。

酸化したシミを落とす方法でほとんど分からなくてなりました。



詳細はこちら

縞のサマーニットしみ抜き|2021.01.22


綿のサマーニットに着いたシミです。 着いたと言うか着いて時間が経って酸化が進んだシミでした。 油脂分が古くなったシミで、酸化した油性分を落とす処理をしてここまで落とす事が出来ました。



詳細はこちら

2021年 1月 20日 10:26 の記事|2021.01.21


茶色の綿半コートでしばらく着ないでしまって置いたらしく襟にシミが出ていたとの事、他店でこのシミはこれ以上落ちませんのシールが貼って戻って来たのでしみ抜きをお願いされました。

かなり時間が経って、やはり前処理と洗うだけでは変わりませんでしたので、酸化したシミを取る方法でほとんどわからなくなりお客様に喜んで頂きました。



詳細はこちら

シルクのストールしみ抜き|2021.01.20


 

シルクのストールにシミを着けてしまって、他の店舗で断られて来店したそうです。

生地がシルクの為、綿やポリエステルなどの素材と違い絹なので染料の定着が弱く擦れるとすぐに白く色が抜けてしまいます。 注意しながら少しずつ様子を見ながらシミを取りました。



詳細はこちら

PAGE TOP