お知らせ | 埼玉県ふじみ野市のクリーニング店 「宮沢ランドリー」 染み抜き、独自のドライクリーニング、集配・宅配サービスなど何でもお任せください!

宮沢ランドリー|お知らせ

お知らせ

デニムのしみぬき|2020.03.03


お客様が家でペンキ塗りをして蓋を開ける時に跳ねて付いたしみです。 生地がデニムなので染料の定着が弱い為、色を落とさない程度にペンキを落としました。これ以上は厳しいのでやめておきました。

詳細はこちら

レースブラウス襟のしみ|2020.02.19


レースブラウスのシミ抜きをお願いされました。 かなり時間が経っていてクリーニングの前処理では前々落ちませんでした。 酸素系漂白を部分的に使かい、一回では落ちなかったので数回処理をして落としました。

詳細はこちら

セーターのしみぬき|2020.02.10


白の綿麻のセーターの前に大きくシミがあり、他のクリーニング店から戻って来たらこの様な状態だったとの事でした。 タンパク質のシミが残っていた所に熱を加えて目立ってきたと思います。 タンパク質分解酵素で少しずつ落としました。

詳細はこちら

ズボンのしみぬき|2020.02.08


ウールのズボンで洗う前の水溶性前処理してドライクリーニングしても残っていたシミです。 少し生地が硬くなっていたので酵素によるしみぬきをして落としました。

詳細はこちら

ワンピースのしみぬき|2020.02.03


夏のワンピースの首の前内側にできていた汗のしみぬきをしました。 洗濯表示がドライクリーニングだったので、汗の成分が落ちきれずに残ってしまい黄色く出てしまった様です。
 範囲が広かったので少し時間がかかりましたが綺麗に落とせました。


詳細はこちら

綿ブラウスしみぬき|2020.02.01


白綿ブラウスに洗っても落ちない古くなったシミです!  このシミは部分的な酸素系漂白で比較的簡単に落とせました。

詳細はこちら

血液の古いシミ|2020.02.01


白バイの夏の制服ズボンに血液のシミが着いていました。おそらく他のクリーニング店でプレスされて熱を加えられてしまった為、タンパク質が変化してしまっていました。 通常のタンパク質しみぬき剤では全然落ちませんでしたので、タンパク質分解酵素によるしみぬきを繰り返し行い何とか綺麗に落とせました。

詳細はこちら

綿スラックスしみぬき|2020.01.31


薄い茶色の綿スラックスです。 洗う前の処理(前処理)をしてウエットクリーニングしましたが落ちなかったシミです。  去年着いたシミらしく酸化がかなり進んでいました。 通常のしみぬきでは落ちなかったのと、酸化した油分が膜を作っていたので少し手間取りましたが、ほぼ落ちました。これ以上は色が落ちそうなのでやめておきました。

詳細はこちら

綿ワンピースしみぬき|2020.01.27


夏の綿ワンピースの脇の下汗じみを落ちしました。  表側もそうでしたが裏側の方がハッキリ出ていましたのでこちら側をおとしました。

詳細はこちら

シルクスカーフしみぬき|2020.01.25


白のシルクスカーフにできたシミです。 とあるクリーニング取り次ぎ店に出したそうですが、これ以上落ちませんでしたと言われたそうです。  かなり時間が経っていて酸化が相当進んでいましたが綺麗に落とせました。諦めていたらしく、とても喜んでもらえました。



詳細はこちら

PAGE TOP